すわっぴんぐパーティー 70代 ひとづま 登録なし あぷり

生まれてからこれまで「女」であり続けているとセックスだけを楽しめる相手がいたら毎日楽しいのに…なんて願ったことは女性のほとんどがあるんですよね。
原則としてお付き合いして欲しいなどをどちらも求めちゃダメ、寂しい時にエッチできて、2人の関係が面倒になるようなことは決して言わない。
そのようなデメリットがない男。
実をいうと私にも長期間一緒にいた最高のセフレがいたんですよ。
わずらわしいことは両者ともに言わなかったので、一緒にいると安心感があった。
人間関係の面で悩みがある時、一人で居たくない時頼りになる人でしたね。
なんとなく欲求を満たしてくれる相手とは一緒に居て飽きないかもと思います。
彼氏彼女の関係ではなく、あくまでも都合の良い男性。それだから、お互いのプライベートを知りたがらない等々・・・が大事ですよね。
ですが、ほとんどの女からすると一線を越えた方に対し本気になるケースも実は多いです。
欲求をみたしてくれる相手に恋に落ちた、そう受け入れる事は難しいでしょう。
それなのに、そんなつもりはなかったのに本気になってしまった…という体験をしたガールズは多いにちがいありません。
今後、ずっとセックスフレンドだった彼と本格的に向き合うちょっと険しい道のりだと思われます。
それで性欲を満たしてくれる相手を自分のものにするには何をしたらいいのか、いくつか挙げてみますね。

■私たちってさぁ~かなり相性がぴったりだと思うの

その結びつきがまるで恋人と変わらないと感じていたら、
「あたしたちってさぁ~すごい相性良いよね」「逆になんでこれまで付き合わなかったのか不思議だよね?」というふうにそれとなく関係性について触れてみるのです。
お相手の男性もそういうように考えていたなら「これから俺と付き合う?」みたいな返事が聞けるかも。
そしてまた真剣にではなく冗談みたいに軽く言うことが大切ですよ。

■一か八かで聞いてみよう

正直に「私前々からあなたのことすごい良いなぁって思ってた。あたしのことをどういう存在だと思う?」と聞いてみるのもいいでしょう。
もし男性の表情があいまいだとすれば恋愛関係になることは期待できないかも。
言った瞬間の彼の表情が好意的であれば流れに任せてお付き合いしよ?というセリフを言ったらだいたいは上手くいくでしょう。
楽しいセックスのために持ちたいような関係のセフレなのでしょうが、少なからずの気の合う相手だという確認は必須なものとなります。
相性確認の確認の仕方は幅広く存在しているのですが、最も手軽な方法は、メールを主体にしたものでしょう。
メールをやり取りしている時のヒントは雰囲気づくりをすることです。
セフレを求めている男性の中には、最初のメールを交わしたときから露骨な言い方でセフレに誘いかけるメールを送信しているという噂を聞きますが、これがダメなんです。
女性がセフレサイトに居ると言っても、多少であれ照れを持っています。
しかも、知り合い立ての頃からなれなれしく食い付いてくる男性に対し、疑心暗鬼の心を持つという女性も多分にいるようですので注意することをお勧めします。
メールを交わすときは、波風が立たないような内容にすることがポイントとなります。
最初の会話にはなんともない話題や新しいニュース、時代のムードを読んでいるものをあげ、少しずつ間を縮めていきましょう。
幾度もメール交換を重ねて、充実できる理解し合うことができてから、セックスの内容の事にチェンジしていきます。
そんな話ができるようになった頃には、心地良い信頼のあふれる関係が築くことができているはずです。
そう言った関係になった頃には、向こうの女性が嫌いと言うような返事を返すようなことはないので、気軽に会話に組み込むようにしてみてください。
セフレを早く見つけたい時は、遠回しの方法の方が至上の最短距離となるのです。
短時間でできる方法を見付けようとしているようでは、セフレになってくれる女の子はできませんよ。