せふれ がいじん 30代 人妻 サクラなし であいサイト

生まれてから今まで「女」としてやっているとパートナーがいるいないに関係なくセフレがいたら毎日楽しいのに…なんて想像した事は男性のみならず女性でもあるものです。
二人の決め事でお付き合いしたいなどは両者とも期待しないで、寂しい時に抱いてくれて、厄介になる事は口にしてはいけない。
こんな感じの都合よく会える男の人。
実は自分も最近まで長い間、関係が続いた体だけの相手が存在してたんです。
あとあと面倒くさくなることは二人で居るときには口に出さないように心掛け、この男性と一緒にいるときはとても満足感があった。
仕事のトラブルで誰かに聞いてほしい時、心細い時いつも頼りになる存在でしたね。
当然性欲を満たしてくれる相手とは一緒に居て気がまぎれるかもと思うでしょう。
夫婦ではなく、たかだかセックスするだけの男性だからこそ、本気にならないという気持ちが重要ですよね。
悲しいかな、大多数の女はなぜかセックスしてしまった方に対し本気になってしまうことも実は多いんですよ。
欲求をみたしてくれる相手を好きになってしまった、それに気づかないようにするのはとてもつらいのです。
やっぱり、自覚するのは怖いけど愛してしまった…そういう経験をした主婦は多いでしょう。
それでも、長期間性欲を満たしてくれる関係だった男と堂々と付き合い始めることはかなり厳しいと思われます。
なんとかしてセックスするだけの男性をゲットするには何をすればいいのかと考えてみたんです。

■あたしたち二人ってかなり相性抜群だと思ってたんだ

この結びつきが交際相手と変わらないならば
「私たち一緒に居てすごい相性抜群だよね」「なぜこれまで付き合わなかったのか不思議じゃない?」というようになんとなく関係性について言及してみるのです。
その男性もそのように感じているなら「これから俺と付き合う?」なんて返答が聞けるかもしれませんね。
また笑いを交えながら冗談みたいに言う事。それを忘れないでください。

■勇気を振り絞って聞いてみるパターン

直球で「私ずっとあなたのこと男性として良いなって想っているんだけどあなたは私をどういう存在だと思っている?」と聞いてみましょう。
もしも男性の表情があいまいだった場合恋人になるには期待できないかもしれません。
その瞬間の彼の返答が良い感じならば私たちお付き合いしよ?と提案すると、だいたいは成功すると思います。
セックスを楽しくするために持つような関係のセフレなのでしょうが、多少ではあっても気の合う相手だという確認は不可欠となります。
気持ちが一致するかどうかの確認のやり方はたくさんあるのですが、ラクちんな方法は、メールで行うものでしょう。
メールの交換をしている時の注目する点は場の流れを作ることです。
セフレ目的の男性の中には、メールで会話を始めたばかりの時から下心が見え見えのセフレに引き入れるメールを送るような人もいますが、これはいけませんね。
セフレサイトを利用している女性であったとしても、多少の差はあれど恥じらいを持っているでしょう。
さらに、最初のうちから必要以上に関与してくる男性に対し、猜疑心を持ってしまう女性も多いようですので注意が大切です。
メール交換の際は、遠慮がちに思われるような内容にすることが基盤となります。
まず第一にありふれている話題や時事ネタ、トレンドに合ったものをあげ、少しずつ近寄って行きましょう。
頻繁にメール交換を重ねて、充実した意志の伝達ができてから、セックスの内容がある話題に持って行きます。
そうなった頃には、好ましい信用関係が形成できていることでしょう。
そう言った雰囲気が漂い始めた頃には、気になる女性が嫌いと言うような言葉を返すようなことはないので、思うままに会話に組み込むようにしてみてください。
セフレを作って楽しみたい時は、意外と回りくどい方が何を差し置いてもシンプルな道のりとなります。
苦労をしなくても良いような方法を探そうとしている時点で、セフレの関係は作るのは難しいでしょう。