エロ友 30代 奥様 あぷり

ずっと「女」として日常を送っていると性欲を満たしてくれる相手が居たって構わないよね…なんて思う事はみんな経験済みだと思います。
原則として結婚については両者ともに期待しちゃダメ、寂しい時にセックスできて、文句などは口にしてはいけない。
ものすごく気を使わなくてもいい仲。
実をいうと筆者自身長期間関係を持ち続けた体だけの相手がいたんです。
必要以上求める事を互いに言わないようにしていて、この男性と一緒にいるときは安心感があった。
将来の事で誰かに話したいとき、孤独を感じた時頼りになる人でした。
なんとなくエッチだけの関係の人とは一緒に居て飽きないかもと思いました。
特別な存在ではなく、結局は性欲を満たしてくれる相手。ですので、必要以上に要求しないということが重要です。
けれども、大多数の女性はなぜか大人の関係になった男性に好きになってしまうことが実は多いです。
エッチするだけの男性に本気になった、と納得することはかなりつらい事です。
でも、本当は好きになっていた…そういう経験をした人は多いにちがいありません。
ですが、長い間ずっとエッチするだけの関係だった男の方とちゃんと交際を始めるということはとても険しい道のりに思われますよね。
なんとかして体だけの関係の相手とカップルになるにはどうすべきか、いくつか挙げてみます。

■あたしたちってさぁ~すごく相性がぴったりだと思っていたんです

双方の仲が彼氏彼女となんら変わらないのであれば、
「私たちってさぁ~ぴったりの相性だと思わない?」「どうしてお付き合いしなかったのか不思議だよね?」という感じで関係性について言ってみましょう。
お相手もそのように思っていたら「じゃ付き合ってよ?」なんて返事が聞けるかもしれません。
注意点は上目遣いの笑みでふざけるように言う事。これが重要なんです。

■勇気を出して質問する

正直に「私ね、ずっと前からあなたのこと恋愛対象として良いなって感じてた。私に対してどういう存在だと思っている?」と確認してもいいでしょう。
もし彼が微妙な表情だとすればカップルになることは難しいかも。
ここで彼の表情が良い感じならば流れに任せて交際しよう?と提案すると、結構な確率で良い結果に終わります。
楽しいセックスを満喫したい人が持つ友好関係のセフレと思いがちですが、大体であっても相性の確認は必要です。
意思疎通の確認をする方法は盛りだくさんにあるのですが、最も手軽な方法は、メールで行うものでしょう。
メールの交換をしている時の着眼点は順序をきちんとすることです。
セフレとして付き合いたいと思っている男性の中には、最初のメールから露骨な言い方でセフレにしようとアピールするメールを送信している人もいるようですが、これは良くないことです。
セフレサイトによく居る女性であっても、少々であれ恥ずかしさはあります。
重ねて、コンタクトを取ってすぐから目的だけを話そうとする男性に対し、疑いの心を覚えてしまう女性も多分にいるようですので注意することをお勧めします。
メールの交換中は、波風が立たないような内容にすることが支柱となります。
初めにありふれている話題や新鮮味のあるニュース、流行っているものをあげ、ちょっとずつ近づいていきましょう。
何往復もメール交換を重ねて、充実した理解し合えるようになってから、セックスの内容の事に言及します。
そのような頃には、良好な信用をしてもらえる関係が形成できていることでしょう。
そんな雰囲気が漂う頃には、向こうの女性が望まないような答えをすることはないので、後ろめたく考えずに話しだしてみるようにしてください。
セフレを作って楽しみたい時は、持って回ったような方法が至上の最短距離になります。
手っ取り早い方法を使おうとしているようでは、セフレのような存在はできませんよ。