パパ フィリピン人 30代 人づま サークル

今まで「女」として生活していると自分の性欲を満たしてくれる相手がいたら毎日楽しいのに…と想像したことは女性のほとんどがあるんですよね。
特段私生活に関しては両者とも期待せず、寂しい時にHできる、必要以上のことは口にすべきではない。
めちゃくちゃメリットがある関係。
実は私にも数年前まで長年、過ごした自分の性欲を満たしてくれる相手が存在してました。
相手へ必要以上の要求をどちらも言わず、隣にいてとても安心した。
仕事のトラブルで話を聞いてほしい時、つらくなった時いつも頼りになる方でしたね。
やはりセックスだけの関係の人とは一緒に居て満足するのかもしれないです。
本命ではなく、言っても都合の良い相手。なので、詮索しない等々・・・が重要ですよね。
だけれでも、実際女は一夜を共にした男に対し恋に落ちてしまうパターンが事実あるものです。
セックスするだけの相手を好きになってしまった、そう受け入れる事はかなりつらいのです。
とはいっても、いつのまにか頭の中が彼の事でいっぱいになっていた…そんなケースの妻は多いにちがいありません。
けれども、長い間ずっと体だけの関係だった男とパートナーとして交際するということはとても険しい道のりに思うものです。
なのでセックスするだけの相手とお付き合いするにはどうすべきかと考えてみます。

■私たちってさぁ~すごい相性抜群だと思う

これまでの距離がまるで恋人と変わらないのなら
「私たち一緒に居てすごい相性抜群だよね」「どうしてお付き合いしなかったのか不思議だよね?」というようにそれとなく関係性について言及してください。
男性も同様の事を思っているなら「じゃ付き合おっか?」という返答が聞けるかもしれません。
それと笑いを交えながらさらっと言う事。この方法が大事なんです。

■勇気を振り絞って聞く

勇気を出して「私前からあなたのことすごい良いなぁって感じてるんだけど私についてどういうふうに思っている?」と確認するのも手。
万が一男性があいまいな表情になるとお付き合いすることは難しいかも。
もしも表情が好意的だとしたら可愛く交際してみよう?と提案すると、ほぼ思い通りの結果になります。
持っているとセックスが楽しくなる友好関係のセフレかもしれませんが、多少ではあっても感想が合うかどうかの確認は不可欠となります。
相性自体のメソッドは多々聞かれますが、一番しやすい方法は、メールを基盤にするものでしょう。
メールを交わす時の着眼点はプロセスです。
セフレを作りたいと思っている男性の中には、メールしたての頃からムードもない言い方でセフレにしようと丸め込むメールを送信しているのを聞きますが、これが失敗する原因です。
セフレサイトを利用している女性だとしても、多少であっても恥ずかしさを感じることはあります。
なおかつ、知り合い立ての頃から手を出してくる男性に対し、不信感を感じるという女性もたくさん存在していますので注意が必要です。
メールの交換中は、波風が立たないような雰囲気にすることが基礎になります。
挨拶の次にはありふれている話題や時事ネタなニュース、トレンドをあげ、少しずつ近寄って行きましょう。
日に何度もメールでの会話をリピートして、不服の感じられない相互理解が深められてから、セックスに関係する話に言及します。
そうなるような頃には、適正な信頼のあふれる関係が形成できているはずです。
そんな雰囲気が漂う頃には、相手をしてくれる女の子が嫌悪感を感じるような返事を返すようなことはないので、後ろめたく考えずに話してみてください。
セフレに巡り会いたい時は、湾曲的な方法の方が至上の手近な道となります。
手間がかからない方法を得ようとしているようでは、セフレ関係の交友は作れない可能性が高いでしょう。