SM 70代 人つま カカオid掲示板

長い間「女」として生きていると性欲を満たしてくれる相手がいたら毎日楽しいのに…と頭をよぎったことはほとんどの人があることです。
二人の決め事で本命になりたいなどは双方とも期待しないで、寂しい時に寄り添ってくれて、必要以上のことは言わない事。
そういう風に良いとこどりのお相手。
実は私も長い間共に過ごした都合のいいセフレが存在してたんです。
それ以上求める事をどちらも言わず、一緒にいると自分が自分でいられた。
人間関係の面で話を聞いてほしい時、心細い時いつも頼りになる存在でしたね。
なんとなく体だけの関係の人とは一緒に居て満足するのかもしれないです。
妻・夫の関係ではなく、ただの欲求をみたしてくれる相手。ですので、必要以上に要求しないような関係を心がけるが大切です。
けれども、一般的に女はなぜかエッチしたお相手に本気になるパターンはあるでしょう。
エッチするだけの男性に恋心を抱いた、それに気づかないふりをするのは難しいのです。
理屈抜きで、そうなるはずじゃなかったのに本気になっていた…そういう妻は多いですよね。
それでも、これまでずっとエッチするだけの関係だった彼とちゃんと恋愛を始めるということはかなり困難だと感じるでしょう。
そこでセックスするだけの相手が振り向いてくれるにはどうするべきかと考えてみましたよ。

■私たち一緒に居てかなり相性がぴったりだと思わない?

お二人の築いてきた関係性が交際相手と変わらない場合、
「私とあなたってかなり相性良いよね」「逆になんで付き合わなかったのか不思議」という感じでそれとなく関係性について言及してください。
お相手の男性もそういうように考えていると「じゃ俺と付き合ってみる?」という答えが返ってくるでしょう。
注意点はストレートにではなくふざけながら言う事。この感覚が大切です。

■単刀直入に聞く

直接「私ね、前からあなたのこと特別な人として好きって思ってたの。あなたは私自身をどう考えている?」と確認するのも手。
そこで男性が難しい表情になると恋人になるには難しいと思います。
そこで彼のリアクションが良い感じならば私たち交際してみない?と提案してみると、結構な確率で成功します。
楽しいセックスのために持ちたい交友のセフレなのでしょうが、少しだけでも相性の確認は必要となります。
意思疎通の確認をする手段は多様に聞かれますが、最も手軽な方法は、メールを基盤にするものでしょう。
メールの交換をしている時のコツはきちんとした流れです。
セフレの関係を求めている男の人の中には、メールを始めたばかりの時から露骨な言い方でセフレに誘いかけるメールを送ってくる人もいますが、これが失敗する原因です。
セフレサイトによく居る女性であっても、少しは恥ずかしいと感じる心を持っています。
かつ、最初のうちから相手の事を考えていないような男性に対し、疑心を感じ取る女性も多々いるようですので注意することを心がけましょう。
メールを交わす際は、当たり障りのないような空気を作ることが基本となるようです。
まず第一にありふれている話題や新しいニュース、人気のあるものをあげ、距離を短くしていきましょう。
たびたびメールでの会話をリピートして、相手も納得する意思疎通ができてから、セックスの話題に言及します。
そこまで行った頃には、安心してもらえる信頼があるような関係が形作ることができるはずです。
そんなムードが流れる頃には、相手をしてくれる女の子が嫌な感じな返事を送ることはないので、そのままに話してみてください。
セフレに早く会いたい時は、回りくどくした方法の方がなにものよりも早道となります。
苦労を感じないような方法を見付けているようでは、セックスフレンドはできませんよ。